トラブルを知っておこう

どんなトラブルがあるのか

車を当てられた

車を壁に当てられたという被害が起こるケースがあります。
その場合は、証拠があれば相手に修理費用を請求することができます。
しかし証拠がないと、相手がやっていないと言えばもう追及することができないので諦めるしかありません。

賃貸物件を借りる時には、対策として防犯カメラを付ける人が増えています。
すると自分が見ていないところで車を当てられても、証拠が生まれるので修理費用をしっかりと請求することができます。
壁の破損具合にもよりますが、状態がひどくなっていれば10万円以上になることも考えられます。
また、目撃者がいれば防犯カメラがなくても相手に非があることを認めさせることができます。
周囲に目撃者がいないか探すのも大切です。

駐車場の問題

自分の敷地内に、車を勝手に駐車されることがあるので気をつけてください。
勝手に車を停めるのはルール違反なので、管理者に連絡しましょう。
すると管理人から無断駐車している人に注意が行くはずです。
ご近所トラブルを大きくしないためには、責任者に伝えることが重要です。
自分が注意をすると、ケンカになってしまうことが多いので気をつけてください。

悪いのは向こうでも、口が達者な人だったらこちらが悪いように言われる可能性があります。
トラブルを余計に大きくしないためにも、無断駐車されていることに気づいたら何よりも先に管理人に伝えましょう。
車のナンバープレートを控えておくのもおすすめです。
すると何かあった時に、車を特定できます。


この記事をシェアする